昭和36年創業。京都の地で自動車の販売・整備をさせていただいております。

文字サイズ:

カテゴリー別

 

 

 

 

»
»
カテゴリー:ATF交換

スタッフブログ

BMW130i アブソーバー交換完了!



BMW130i
〈shock absorber〉ショックアブソーバー
BILSTEIN EXECUTIVE TUNING

〈ATF〉
WAKO'S ATF Safety S

〈Dfferential Oil〉
A.S.H PSE GEAR





H様、E87 BMW130i 完了です。












BMW130
1シリーズのボディに3L 6気筒
とてもトルクフルでスポーティな仕上がりの車です。





ATF
オートマチックフルードには
ワコーズのセーフティ Sをセレクト。







デフにはアッシュのPSE GEAR
をセレクトしました。








ZFのATはオイルストレーナーが
オイルパンに内蔵されているので、
オイルパンも交換しました。











ZFのATはオイルストレーナーが
オイルパンに内蔵されているので、オイルパンも交換しました。

写真の上側半分がストレーナー部分です。
鉄粉吸着用の丸型マグネットも左右に2つ配置されています。

オイルは、かなり黒く汚れマグネットには
飽和状態で鉄粉が溜まっていましたので
ATFは10Lを使用し交換しました。








BMWのATはフルードの状況やドライバーの運転状況を
常に管理して油圧等を制御していますので
ATF交換後には、劣化したフルードに合わせて制御しているCPUを
リセットしてやる必要があります。
リセットも完了し新しくなったATFに合わせて制御開始です。

ロードテストをした感覚ですが、元々トルクフルな仕上がりなエンジンと
ATの組み合わせの130が、
今回のATF交換により低速からの加速でも
更に余裕ある伸びを体感して頂けるかと思います。
キックダウンさせる程に踏み込まなくてもATが
ロスする事なく
トルクを伝達するのでストレス無く加速していきます。







フロントアブソーバー交換。








AbsorberはH様のセレクトの
BILSTEIN EXECUTIVE TUNING

これはM sport専用に設計されたアブソーバーで
スプリングはM sport純正をそのまま使用しキレのある足廻りを残した上で
段差や凸凹路面でのゴツゴツ感を改善した商品です。








リアアブソーバー交換。









同時に、ヘタっていたスプリングシートも交換です。
写真はアッパー側です。









ロワ側、手に持っているのが新品です。
上下共にヘタリで遊びが出ていましたが、
キッチリ改善され路面への追従性が向上します。











リアアブソーバーへのアクセスはハッチバックの為、
トランクルーム内張りを外しました。









ロードテストしてみた感想です。
専用設計のエグゼクティブチューニングは流石は相性抜群で、
シャープなハンドリングでもロールに不快感はなく、
安定したコーナリング感覚が楽しめますが、
走り出してスグにゴツゴツ感は改善している事に驚きます。





ご来店され乗って頂ける事を楽しみにお待ちしております。




 
BMW130ショックアブソーバー交換
持ち込みパーツ交換致します!
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904


 

 

ATF/CVTFの交換

【ATF/CVTFの交換】

画像内容
ダイハツ ハイゼットカーゴ


ATF交換(オートマチックトランスミッションフルード)
オイルストレーナー交換(フィルター)
エンジンオイルだけでなくミッションオイルも定期交換を推奨致します。

ATミッションのオイルパンを外すとオイルストレーナー(フィルター)が出てきます。











このフィルターでオイル中の不純物をろ過するようになってます。
オイルパン側には磁石がついており鉄粉を吸着させるようになってます。






オイルは必ず劣化します!

劣化したオイルでは車の性能は必ず低下し、
燃費も維持出来なくなるばかりか故障の原因にもなります。


修理になる前に予防のための整備を
心掛けいただけたら幸いでございます。


 
輸入車 国産車 オイル交換受付中!
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904