昭和36年創業。京都の地で自動車の販売・整備をさせていただいております。

文字サイズ:

カテゴリー別

 

 

 

 

»
スタッフブログ

スタッフブログ

レクサスGSFアルミホイール修理アフター②



②アルミホイール修理/アフター画像




修理後の画像です。仕上がりを御覧ください!
(同じ場所にマスキングテープ貼っております)


































《参考》
車両 レクサス/GSF
Fアルミホイール 新品¥161.000-/1本
Rアルミホイール 新品¥163.000-/1本

【今回修理費用】
約¥40.000-/1本

※修理には約2週間ほどいただきます。
※傷状態により修理不可もしくは完全に復元出来ない事も御座います。
※電話だけでは返答出来ない為、修理の際は傷を確認させていただく必要が御座います。






 
レクサスGS アルミホイール傷修理致します。
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904



 

 

 

コーティングに出来る事


コーティングに出来る事



ボディを綺麗にするための方法として
①ワックスをかける
②コーティング施工
③再塗装する
等の方法がありますが、一部例外を除いて
②コーティングの効果が一番だと私は思います。








小傷やクスミを解消し上品な艶のある状態をキープし、
日常のお手入れも簡単になるのがコーティングです。

一般的にワックスは手軽に塗れますが、
雨風にうたれるたびに少しずつ流れていきます。
コーティングに比べ皮膜が厚いので小傷を隠しますが、
ワックスが落ちれば傷も見えてきます。

硬化型コーティングの耐久性は大変優れており、
研磨しない限りは簡単に落とす事は出来ませんし、
下地処理により小傷を落としますので
元の傷が出てくる様な事もありません。












次に再塗装をした場合ですが、
傷は綺麗になりますが、
再塗装だけではこの画像までの艶は出ません。














コレはPINERYコーティング施工前の画像です、









特殊ポリッシュ(研磨による下地処理)で傷やクスミを解消し
コーティングを施工すると先の画像の様な艶が出せ、
美しさも長続きいたします。

例外は塗装が捲れる程の傷がある場合や、
チョーキング(塗装顔料が劣化して洗車やワックスでも色が落ちる様な症状)
を起こしている場合は、再塗装が必要です。


ご興味があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。



 





 

 

トミーカイラZZ !





[ トミーカイラZZ ]

本日、トミーカイラさんにデモして頂きました!











感想は公道走行出来るレーシングカーです。
EV(電気自動車)で車輌重量が850kg
アルミのシャシに高出力モーターのみを付けて曲がる止まる以外の物は全て省略された車です。




ボディはフルFRPです。
調べてみましたがワゴンR4WDが重量840kgです。

軽自動車並みの車重に305PS/415N mのモーターが載っています。
パワーウエイトレシオは驚異的な
2.78kg/psです!
1PS(馬力)につき2.78kgだけの負荷を負うだけです。





参考に他車のウエイトレシオですが
FK8 シビックtype- Rが 4.34kg/ps
NC1 NSX S Hが 3.51kg/ps
R35 GT- R NISMOですら 2.87kg/ps












コックピットにも不要な物は何一つありません!


























エアコン、パワステ、ABSやトラクションコントロール等なにも有りません。
ブレーキブースターさえ付けないストイックなマシン!







 




 

 

月に一度はタイヤ空気圧チェックおすすめします。

月に一度は空気圧チェック!

タイヤそれぞれに負荷荷重(ロードインデックス)が決まっています。
簡単に言うとタイヤが安全に支える事が可能な重さです。



後に表を載せておきますが、
同じタイヤでも空気圧を高める事により対応荷重は上がっていきます。







EXTRA LOAD(XL)
これは近年スポーツタイヤや偏平タイヤ等に採用されているヨーロッパの
ETRTO規格で高い空気圧に耐えられるように、
内部構造を補強したタイヤです。







国産車はドアの内側辺り、
輸入車は燃料給油口の蓋の内側等に
メーカー指定の空気圧が表示されています。
車の車重からメーカーが計算設定した空気圧です。










ちなみに車の車重や、前後それぞれの軸重は
車検証に記載されています。










JATMA規格の空気圧表











ETRTO規格の空気圧表


 
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904






 

 

メルセデスベンツ C200車検の御来店ありがとうございました!



メルセデスベンツ C200

車検の御来店ありがとうございました。
車検時に処置した項目が数点ありましたので今後にお役立て下さい。




W204 MB
グリル中央に大型のスリーポインテッドスターを配した
「クーペ・グリル」

これまで“クーペ専用”と説明されていた「クーペ・グリル」であるが、
現在はクーペやアバンギャルドなどスポーティモデルに採用されています。












271型 DOHC 直列4気筒
ターボチャージャー搭載のエンジン
気持ち良く吹け上がります。

























AUTEL(オーテル)により車載コンピューターにアクセスした結果、
数点の過去の不具合が記録されていました。
弊社はAUTELの取次ぎ店です。













こちらはスピーカー系の不具合です。
stored(保存された過去の不具合)と
current(現在の不具合)として入力されており、
お預かり中に一度だけ右リアスピーカーからの音声出力が有りませんでした。
すぐに音声は出力され故障コードもstoredになった為に
経過観察しましたが、その後不具合は発生しませんでした。
今回はstoredの記憶も消去しておりますので、
スピーカーに不具合を感じられるましたらご連絡ください。













こちらはヘッドライト系です。
stored(過去の不具合)の為に記憶を消去し、
ヘッドライト操作を繰り返し観察しましたが現在のところ、
一過性の不具合と判断して良いかと存じます。











こちらはステアリング系の不具合です。
こちらもstoredの記憶ですが、
キャリブレーション(初期化)が出来ていない不具合です。
つまりはステアリングチルトモーターが
現在の位置を見失って作動出来ない状態です。












解消するため初期化を行います。













MBさん警告の仕方が怖いです(笑)












初期化を完了しました!













故障コードも消えて、作動も確認しましたので経過観察をお願いします。










これは不具合ではありません。
ブレーキ鳴きの処置の為にブレーキパットを取り外す工程ですが、
電子制御式のパーキングブレーキが採用されている為に
パーキングブレーキを電気的に解放する必要があります。











現在の車業界では知識と環境が無いとパット交換も出来ないので
日々学習させて頂けます。





 


 

 

BMW130i アブソーバー交換完了!



BMW130i
〈shock absorber〉ショックアブソーバー
BILSTEIN EXECUTIVE TUNING

〈ATF〉
WAKO'S ATF Safety S

〈Dfferential Oil〉
A.S.H PSE GEAR





H様、E87 BMW130i 完了です。












BMW130
1シリーズのボディに3L 6気筒
とてもトルクフルでスポーティな仕上がりの車です。





ATF
オートマチックフルードには
ワコーズのセーフティ Sをセレクト。







デフにはアッシュのPSE GEAR
をセレクトしました。








ZFのATはオイルストレーナーが
オイルパンに内蔵されているので、
オイルパンも交換しました。











ZFのATはオイルストレーナーが
オイルパンに内蔵されているので、オイルパンも交換しました。

写真の上側半分がストレーナー部分です。
鉄粉吸着用の丸型マグネットも左右に2つ配置されています。

オイルは、かなり黒く汚れマグネットには
飽和状態で鉄粉が溜まっていましたので
ATFは10Lを使用し交換しました。








BMWのATはフルードの状況やドライバーの運転状況を
常に管理して油圧等を制御していますので
ATF交換後には、劣化したフルードに合わせて制御しているCPUを
リセットしてやる必要があります。
リセットも完了し新しくなったATFに合わせて制御開始です。

ロードテストをした感覚ですが、元々トルクフルな仕上がりなエンジンと
ATの組み合わせの130が、
今回のATF交換により低速からの加速でも
更に余裕ある伸びを体感して頂けるかと思います。
キックダウンさせる程に踏み込まなくてもATが
ロスする事なく
トルクを伝達するのでストレス無く加速していきます。







フロントアブソーバー交換。








AbsorberはH様のセレクトの
BILSTEIN EXECUTIVE TUNING

これはM sport専用に設計されたアブソーバーで
スプリングはM sport純正をそのまま使用しキレのある足廻りを残した上で
段差や凸凹路面でのゴツゴツ感を改善した商品です。








リアアブソーバー交換。









同時に、ヘタっていたスプリングシートも交換です。
写真はアッパー側です。









ロワ側、手に持っているのが新品です。
上下共にヘタリで遊びが出ていましたが、
キッチリ改善され路面への追従性が向上します。











リアアブソーバーへのアクセスはハッチバックの為、
トランクルーム内張りを外しました。









ロードテストしてみた感想です。
専用設計のエグゼクティブチューニングは流石は相性抜群で、
シャープなハンドリングでもロールに不快感はなく、
安定したコーナリング感覚が楽しめますが、
走り出してスグにゴツゴツ感は改善している事に驚きます。





ご来店され乗って頂ける事を楽しみにお待ちしております。




 
BMW130ショックアブソーバー交換
持ち込みパーツ交換致します!
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904


 

 

PINERYコーティングとレーダー&ドライブレコーダー取り付け完了!


BMW 118d
PINERY(パイナリー)コーティングと
レーダー&ドライブレコーダー取り付け完了です。









コーテンング施工後です。




















ドライブレコーダー&レーダー取り付け。
近年のBMWはオーディオ等から電源が取れないので
トランクルームから確保します。









カメラは広角で写る為
ルームミラーが写り込まない位置にセット。



 
BMW118d パイナリーボディコーティング
ドライブレコーダー取付致します。
 
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904

 

 

新車BMW 118d フィルム施工



BMW 118d F20

T様、新車の御購入に
フィルム施工とPINERYコーティング施工の
御依頼有り難う御座いました。


当社では、フィルム施工にあたり
外せる物は外しより良い施工をと取り組んでおります。



リアゲートとリアドアにフィルム施工をさせていただきました。











内張りですが、今回の118は注意点があります。








カバーは下部より慎重に。
無理に外すと簡単に破損します。









内張り下部のビスを2本外し、
後は内張り本体を外すのが多くの場合ですが、
今回の118は後一本ビスが隠されています。










ドアインナーハンドルカバーの中です。










カバーの中のビスを外し、
BMW独特のクリップの抵抗を感じながら内張り本体を手前に外します。











内張りクリップは後方上部のクリップが、異様に硬いので要注意です。















今回はフィルム施工の一部をアップしております!



 
BMW 118d フィルム施工
BMW 118d F20新車販売致します!




 

 

2008年式 ポルシェケイマン




 ポルシェ車検




2008年式 ポルシェケイマン
車検御依頼有り難う御座いました。









エンジンにはトランクルームからアクセスします。


































ヘッドライトの光軸が下向きにズレていたため、
調整しようとしたのですが、

調整スクリューへのアクセス穴が塞がっていました。










ヘッドライトを外してみると、
後付けのHIDのバラストが穴を塞いでいました。











アクセス出来るようにバラストを移設










光軸調整は完了しましたが、
光度は6500cdと落ちていました。

保安基準には適合しましたが、
次回車検時には対策が必要になる可能性があります。








当社OBD診断機の車種選択の一部です。
ポルシェにも対応致します。




 
ポルシェ ケイマン車検
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904