昭和36年創業。京都の地で自動車の販売・整備をさせていただいております。

文字サイズ:

 

 

 

 

»
スタッフブログ

スタッフブログ

より早く!より正確に! BMWアルピナ B3


診断スピードを
より早く!より正確に!


常に時間を意識して日々成長出来るよう心掛けて参ります。

O様、御入庫いただき誠に有難うございます!

















ALPINA B3
エンジンオイル&エレメント交換












エアコン点検









ABS系統点検












今後とも宜しくお願い致します。





 
BMWアルピナ B3 オイル交換致します!
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904




 

 

日々勉強!



【 自動車保安基準 】のはなし


自動車には国が定めた保安基準がありますが、
毎年いくつも関係法令や保安基準の適否判定基準に改正があったりします。





年式によって保安基準も変更されていたりします。






平成17年12月31日までの製造の車は
ヘッドライトの灯火色が淡黄色でも良かったのですが
平成18年より白色のみと変わっています。





そして安全確保の為にも保安基準は勿論必要ですが
中には「ん?」もあります。


例えば車載の発煙筒。
メーカーから消費期限があるにも関わらず、保安基準上は「損傷し、
または湿気を吸収したため、性能が著しく低下した発煙筒は適合しない」と決められているだけです、
消費期限関係ないんです!

車検時に点火もせずに、どうやって判定するんでしょうね(笑)





当社は保安基準をクリアした上にお客様の事を考えた判定をし、
整備の提案をさせて頂き、より安心に乗って貰えるように努めさせていただきます。


日々勉強ですね!



 



 

 

 

エアコンの風が突然出なくなった!



【 早期対応 】
毎日使用されているトラックのエアコンの風が
突然出なくなったという事で、
出張修理してきました。













問診の段階でブロアモーター不良と感じたので
新品部品を持って伺い、点検してみると、



モーター抵抗が2.3kΩ少し羽を回してみると、
抵抗1.06kΩ
ちなみに新品部品の抵抗は1.0Ωです。




















現場で新品に交換させて頂き、
早い対応に大変喜んでいただきました!







これからも的確で早期な対応が出来るように取り組んで参ります!



 
エアコン修理致します!エアコン ブロアーモーター交換
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904


 

 

W212/E550アヴァンギャルド ワゴン

こだわり


輸入車オーナー様とお話ししていると
それぞれ拘りをお持ちになられております。





本日も素敵な愛車を診させていただきました。
W212/E550アヴァンギャルド ワゴン










タイヤ/advansports v105
オイル/fuchs 5W-40

を御提案させていただきました。























弊社もスタッフ一人一人が仕事に拘りを持って
常に最高の提案が出来るように心掛けて参ります。


コンディションの良い愛車で御来店下さった御新規I様との出逢いに感謝いたします。
本当に有難うございました!


 
ベンツEクラス W212/E550アヴァンギャルド オイル交換致します。fuchs 5W-40
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904
 


 

 

スマート フォーフォー パッション!ワンオフ製作!


【ワンオフ製作】

2016 スマート フォーフォー パッション
カーナビゲーション加工取付にて御入庫。

純正オーディオがフローティングデザインの為、
加工を施さないとスッキリ取付出来ない車両です。




スタイリッシュなデザイン!











流行りのツートーンカラー









ビフォー①

純正オーディオ状態です。











ビフォー②
約一年ほどナビ取付で悩まれてたそうです。









ビフォー③
前方にせり出したパネル形状










何種類か専用取付キットも販売されているみたいですが
今回はワンオフ製作で御提案しました。

取付金具やカバー製作途中。










カバー塗装中。









取付部修正を仮り組み。











GPSアンテナはセンタースピーカーカバー内に設置。










GPSアンテナ隠れました。














配線もキッチリ整頓。









《取付ナビ》
Panasonic ストラーダ 9インチ CN-F1D
USB接続ケーブル CA-LUB200D


《作業》
2DINナビスペース修正確保
ワンオフカバー製作
ナビゲーション取付
CAN-BUSアダプター取付
バックカメラ変換
ステアリングボリュームスイッチ配線



完成①








完成②








完成③
純正っぽい仕上がりです!









完成④










完成⑤









完成⑥













ステアリングスイッチでボリュームもOK











9インチ+フローティング効果でより大画面に感じ、
手が届きやすいのでタッチパネルも操作しやすいです。




作業日数 7日間

【お客様より】
純正品と言っても信じてしまいそうな位美しい取付で、お願いして良かったです。
…とお褒めの言葉をいただきました!

I様、弊社をお選びいただき本当に有難うございました!




 
スマートフォーフォー カーナビ加工取付致します!
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904

 



 

 

エアコンのフィルターは、いつ交換されましたか?

エアコンの季節

すっかりエアコンなしでは車に乗れない季節ですね!



皆様エアコンのフィルターは、いつ交換されましたか?



メーカーの推奨交換時期は約一年ですが、使用状況により変わります!

















塵や埃で詰まったフィルター交換する事で風量も増加しますが、
フィルターを通った風が吹き出し口から出ていますので衛生的にも早期交換をお勧めします。
年式や車種(特に軽バンや軽トラック)よってはフィルターが付いていない車もあり、
その場合はエアコン本体のエバポレータが写真の様に詰まります。



エバポレータ脱着洗浄も対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい!





 





 

 

メカニックの相棒!





【 整理整頓 】








得意ではないので、この工具の場所が決められている
ツールスタンドには本当に助けられています。







使いたい工具が直ぐに出せ、
効率良く作業が出来る事も技術力!

そう考えると技術力の伸びしろは無限大ですね。





 
輸入車の修理致します!
 

 

BMW316tiオイル漏れ修理②ATメンテナンス


昨日の316tiのATです。

ストレーナーも大きいですね。
かなり汚れていたので交換し、オイルパンに溜まった鉄粉もクリーニング。
ATF交換はテスターで油温を確認しながら油量を調整していくタイプです。







フィルターは真っ黒です。











マグネットが波板のように見えるほど鉄粉が吸着されています。





























デフオイルも交換しました。
この車注入口はありますが、排出口はありません!
バキュームポンプを使用しオイルを抜き取り交換です。
オイルは真っ黒に汚れていました。

これで走りも燃費も共に向上します!!


 
BMW ベンツ フィアット マセラティ ゴルフ 輸入車オイル漏れ修理致します。
 
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904

 

BMW316tiオイル漏れ修理①

オイル漏れ修理

BMWのバルブトロニックエンジンの持病ですね。









ヘッドカバーとバキュームポンプのオイル漏れ修理です。

各部のオイルシール、ガスケット類の交換ですが、
エンジンルームが狭い(笑)
バキュームポンプに至っては、ほぼ見えていません!










オイル漏れ修理なのに最初に外したのはワイパーでした(笑)

ワイパーを外し、ワイパー下のカウル、
エアコン用のマイクロフィルター、
フィルターしたのベーストレイ!
ここまでが準備運動ですかね。



やっとヘッドカバー全容が見えてきます。
ヘッドカバーガスケット、プラグホールOリング、
ソレノイドバルブOリング等を
交換しましたが、
ゴム製のガスケットやOリングがプラスチック並みに硬化していました。
ちなみに車はH15年式BMW316tiです。














オーマチックトランスミッションフルード(ATF)とフィルター交換も
同時にしましたので画像は後日アップします!


 
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904




 

 

リヤブレーキ/ホイルシリンダー交換②


検証しました!

先日のブレーキシリンダーです。








ブレーキオイルが漏れているのに、
ブレーキが効き過ぎ?に疑問を感じ検証してみました。

分解してみるとシリンダー内部のピストン作動部分の荒れが酷く、
かなり錆びていました。
錆を拭き取り、グリスを塗ってピストンを
シリンダーに戻してみましたが、全くスムーズに動きません!
指で押しても引っかかりを感じます。







更に押し込むとカクンッと一気に動くといった感じで、
コレではどちらかのピストンが引っかかった瞬間に
逆のピストンに余計な油圧が掛かります。






軽度症状なら部分交換も可能ですが、
今回はホイルシリンダーASSY交換となりました。
検証することで故障原因や新たな疑問が浮かんできます。


新たな疑問を追求解決してさらなる知識や技術向上を目指します!




 
京都市右京区西院清水町11-1 株式会社松原オート 075-311-5904