昭和36年創業。京都の地で自動車の販売・整備をさせていただいております。

文字サイズ:
>
>
エンジンオイル

エンジンオイル

 

エンジンオイルです。見ての通り左が新品で右が使用していたものです。

潤滑・密封・冷却・洗浄・防錆の役割りを持っていますので長く使用したオイルは粘度変化(オイルの硬さ)やエンジン内部の汚れ、熱や酸化でオイル性質が低下していきます。

当社では長くお乗り頂けるように3000km毎の交換をお勧めしております。

 

 

 

 

オイルや冷却系統のメンテナンスを怠ると時には車輌火災につながる事があります!

 潤滑できない、冷却できないでエンジンが焼き付いて内部のコンロッドがエンジンブロックを突き破り漏れたオイルがマフラーにかかり火災となります…

人間の身体と一緒で症状が出始めた時にキッチリ処置する事をお奨め致します。 

 

   
         

 

 

 

 

エンジンオイル漏れの原因だったオイルパッキン!

 

あんな過酷なエンジンルームで金属同士の隙間を密封しているパッキン!

これだけで止めているって逆に素晴らしい技術ですよね。

 

 年数、走行が進めば劣化はしますが、この車は30万キロオーバーですよ(^ ^)

日本の技術って凄いって感じますね!