昭和36年創業。京都の地で自動車の販売・整備をさせていただいております。

文字サイズ:
>
>
ABSランプ

ABSランプ

 

ABSランプが点灯したままになっていると入庫した車です。

 

外部診断機を使い点検しても、車両の自己診断機能を使い点検してもABSのコンピューターと通信出来ません!

つまり、ABSが装着されていないと判断している様子です。

 

 

 コンピューターへの電源系を点検しましたが異常ありませんでしたのでABSのコンピューター自体の故障と判断しました!

 

しかし、このコンピューターはABSハイドロユニット(油路制御)と一体になっており部品だけで12万円の為

 治せるものなら!っと切開してみました。

 

 

  

 

 

 

 

残念ながら今回は基盤の損傷が酷く修理出来る状態ではありませんでしたが、お客様には「そこまで見て貰えたなら」と

納得頂き後日コンピューターの交換を御依頼頂きました!

 

 

 

コンピューターも一部の部品の交換や加工で修理出来る事もございます。

 

過去には修理不可と言われたコンピューターにリレーを加工し外部に取り付けた例もあります!

 

お困りの際はお気軽にお問い合わせください!