その他サービス

モービルアイ

Mobileyeは、後付けできる衝突防止補助システムです

松原オートはMobileye(モービルアイ)の

パートナー店(販売・取付資格有)です!

 

最近発売されたクルマの新型モデルには、そのほとんどに運転支援システムが搭載されています。運転支援システムとは、自動ブレーキや前走車の追従など、ドライバーを手助けする機能全体のことです。具体的には、人や他車との衝突を回避しようという自動ブレーキ「衝突被害軽減自動ブレーキ」や、前走車を追従する「アダプティブ・クルーズ・コントロール」、斜め後ろの他車の存在を教えてくれる「リヤビークルモニタリングシステム」、走行レーンをキープするための「車線逸脱防止」などといった、数多くの機能が存在します。

ここで不可欠になってくるのが、車両周辺の状況を監視するカメラやレーダーです。現在トップと言える性能を発揮しているのが、イスラエルのモービルアイ社の単眼式カメラです。

国産車を始め、BMW等の運転支援を支えています。その勢いは止まらずインテル社がモービルアイを買収する事になりますが、買収後の事業形態は、インテルの組織にモービルアイを統合するのではなく、イスラエルに本拠を置くモービルアイに、インテルの自動車産業向けの活動を集約しているADG(Automated Driving Group)を統合することになる。これにより、モービルアイの事業は、インテルのシステムエンジニアやシミュレーション、地図データ、クラウドなどの技術、車両構築の技術者、ソフトウェア技術者などを得てさらに加速させられると言います。

Mobileye製品は製品単体での販売はしておらず、メーカー認定のインストーラーによる車両への取り付け工事が必要となります。当社は後付のモービルアイ運転支援システムの取り扱いを承っております。

 

Mobileye製品の特長

5つの警報機能で不注意による事故を防ぐ瞬間効果

 

 

前方車両衝突警報
前方の車両やオートバイをモニターし、相対速度、相対加速度などから約2.7秒以内に衝突する危険性があると判断した場合に、警告します。ドライバーは追突の回避に十分な時間を確保することができます。

車線逸脱警報

速約55km以上で走行中、ウインカーを出さずに車線をそれた場合警告します。高速道路などでの、「脇見運転などの不注意」や「居眠り運転など意識レベルの低下」を警告。

前方車間距離警報

前方車両までの距離を自車の秒速で割った、“車間秒数”をリアルタイムでアイコン表示します。車間距離が短くなるとドライバーに注意を促します。

 

低速時前方車両衝突警報

渋滞時や信号待ちの際のAT車のクリープ現象(傾斜地でのブレーキ踏力の緩みによる前方車両への追突事故)を防ぎます

歩行者衝突警報

昼のあいだ歩行者や自転車を識別します。約2秒以内に衝突する危険性があると判断した場合に警報音とアイコン表示で危険を知らせます。

 

モービルアイ570:機能紹介

 

もっと動画でモービルアイを見たい方見たい方はこちら

 

「モービルアイ」の関連ブログ

 

関連ブログをもっと見る

京都でお車の修理・整備・コーティング・鈑金塗装・車検を依頼するなら松原オートへ

お問い合わせ

〒615-0052 京都市右京区西院清水町11-1

営業時間:午前9時~午後6時 日・祝定休

075-311-5904

お問い合わせ