ブログ

デュアロジック修理

一覧に戻る

フィアット500 デュアロジック修理

 

Y様よりご依頼。

ギャ抜けの症状が出ており、こうなるとオイル交換(テスタ使用必要)という
メンテナンス領域での改善は見込めない事からデュアロジックユニット本体の修理となりました。
もちろん、スキャンツールでのチェックもしております。

お預かりした当日は、ギャが抜けなくなりエンジン始動不能の状態にまでなっておりました。(ギヤが入ったままではスターターもちろん回りません)

クラッチディスクやシフトホークの摩耗及び損傷も気になりましたが、
お客様との打ち合わせより、弊社に入庫される前に他社で交換されているという事で、デュアロジック本体のみの脱着及び修理の内容となりました。

 

デュアロジックオイルの状態です。

正直、最近のご入庫頂いた中で一番の「黒色」
何故かディーラーさんでは交換不要という認識のようですが、弊社では交換のみの作業の結果、多くのお客様から「乗った直後に走りが全然違う!」などと喜びの声を頂いております。

車に限らず全ての機械に言えることですが、一般的に油圧で動いている機械の所謂、作動油の交換意識は全般的に低いようですが、使用過程で変色して行くとという事は、オイルの質も変化していますその結果、油圧により動いている機械の動きが変わるのは当然ですね。

オートマチックオイル、パワステアリングオイル、ブレーキオイル、ハイドロサスペンション、トラックなどのパワーゲート
これらも作動用のオイルですね。

一覧に戻る

京都でお車の修理・整備・コーティング・鈑金塗装・車検を依頼するなら松原オートへ

お問い合わせ

〒615-0052 京都市右京区西院清水町11-1

営業時間:午前9時~午後6時 日・祝定休

075-311-5904

お問い合わせ