ブログ

修理・整備

一覧に戻る

E92/M3エンジンが駆からない。

7月に購入されドライブを楽しまれている最中、メーターに警告灯が多数点灯し路肩に停車すると同時にエンスト…その後エンジン始動不能という事でレッカー搬送となり、

緊急入院。
お客様Y様から連絡を頂いた際の情報で気になる事が

2点。

1.購入元はバッテリ―は交換して納車しているとの事

2.最近エンジンのフレを感じていたので、購入元に出そうと思っていた。

 

先ずはバッテリーチェックの結果、完全放電状態。なるほどそう言うことか。と同時に
あれぇ?M3って確か・・・テスターを繋いでみるとやはりM3はAGMバッテリーが指定なのに普通の鉛バッテリー(新品ぽい)が搭載されている。これではバッテリーの持ちも悪く、エンジン不調の原因にもそして、オルタネータの発電もチェックすると全く発電していない。購入されたばかりなので販売元に言ってみられては?とY様に連絡した結果。弊社で修理を進める事になりました。

 

 

バッテリー交換後は車両に正しく登録を。

 

 

オルタネーター交換後、B端子にて十分な発電量を確認。

オルタネーター交換前は整流波形も出ていない。

交換後は、整流波形もご覧の通り。

エンジンのフレも治まり、快調に。
これはバッテリーの電圧が下がりすぎ、エンジンECUの最低起動電圧に近い状態になっていたのでしょう、後進国で発電量不足で家の電灯がチカチカして安定しないのと同じ理屈ですね。

Y様、今後とも宜しくお願い致します。

一覧に戻る

京都でお車の修理・整備・コーティング・鈑金塗装・車検を依頼するなら松原オートへ

お問い合わせ

〒615-0052 京都市右京区西院清水町11-1

営業時間:午前9時~午後6時 日・祝定休

075-311-5904

お問い合わせ