ブログ

修理・整備

一覧に戻る

【クラッチ編】フィアット500C作業①

A様からお預りしたフィアット500ツインエアです。エンジン始動するとガラガラ異音が発生ミッションのシフト不能で自走出来ない状況でした。

当社で良く処置を行うフィアットの症例です。

ミッションを降ろして確認すると、クラッチのレリーズベアリングが破損しています。クラッチキット交換と同時にレリーズフォークも損傷しているので交換しました、ここでのポイントはブッシュです!レリーズフォークのブッシュは樹脂製で摩耗によるガタが出ますので同時交換がお勧めです。より長くお使い頂ける為ミッションオイルとデュアロジックオイルも交換させて頂き快適にシフト出来るようになりました。

【エンジン編】はこちら

【足廻り/その他編】はこちら

一覧に戻る

京都でお車の修理・整備・コーティング・鈑金塗装・車検を依頼するなら松原オートへ

お問い合わせ

〒615-0052 京都市右京区西院清水町11-1

営業時間:午前9時~午後6時 日・祝定休

075-311-5904

お問い合わせ