ブログ

PINERYボディ・コーティング

一覧に戻る

ボディコーティング作業で特に下地処理には力を入れてます!

初度登録H25/5(新車より5年経過)

カラーコード 202ブラック

トヨタ/ヴォクシー

 

ブラック系の中でも特に気を使うカラーです。下地処理のレベルが悪ければ塗装面の写り込みにハッキリ出ますので…

セラシャイン社のコーティング剤と当社の下地処理を併せてPINERYボディコーティングと命名しております。施工前/ボンネット状態ですが特に上面は状態が良くありません。施工前/ボンネットに鳥フンなども付着しており塗面劣化の原因になります。施工前/側面パネルは筋状の汚れが残っております。処理中/付着物も多くトラップ粘土が画像の状態に。

 

下地処理に熱が入り過ぎまして途中画像がこれっきりですが…

 

 

完成画像下地処理で傷やムラをキッチリ除去しコーティング塗布により深い艶と輝きが復活しました。

PINERYボディコーティングで愛車をもう一度新車状態へ!

『蘇る漆黒』『冴える月白』『躍動する撥水』

一覧に戻る

京都でお車の修理・整備・コーティング・鈑金塗装・車検を依頼するなら松原オートへ

お問い合わせ

〒615-0052 京都市右京区西院清水町11-1

営業時間:午前9時~午後6時 日・祝定休

075-311-5904

お問い合わせ