ブログ

輸入車

一覧に戻る

1996年式マセラティクアトロポルテ ハンドルが重い

 

T様、何時もご贔屓頂き誠に有難うございます。

今回2度目の同じご依頼を承り、違った手法の作業をさせて頂きました。

 

以前にも、同じ症状で(ハンドル重い)

ご入庫頂きました。

今回も原因は同じ、ステアリングシャフトのユニバーサルジョイントの錆による固着です

メーカー生産終了されているパーツです。

 

固着し潤滑剤をスプレーし動かすと錆が流れ出す。

今回は、酸化被膜を除去する薬品に漬け置き致しました。友人の会社(佐々木化学薬品)の商品で、エスクリーンS-800。今回の処置で再発する場合、次の手段も考えております

 

こちらは、今回のご入庫で見つかりましたウォッシャータンクの亀裂による水漏れ。なんとパーツが有り、一安心

 

一覧に戻る

京都でお車の修理・整備・コーティング・鈑金塗装・車検を依頼するなら松原オートへ

お問い合わせ

〒615-0052 京都市右京区西院清水町11-1

営業時間:午前9時~午後6時 日・祝定休

075-311-5904

お問い合わせ