ブログ

輸入車

一覧に戻る

フィアットのオーナー様は一度ご確認くださいませ…

このブログを見てくださっているフィアットオーナー様は以下の画像と同じ場所を一度ご確認くださいませ。

エンジンルームを開けるとフロントサスペンション(ショックアブソーバー)の上部が確認できます。画像の茶色くなってる部分がショックアブソーバーを固定する皿部分ですがそこに雨水が溜まり錆が進行します。左右を確認するとどうも運転席側に雨水が溜まりやすいようです。(画像/右ハンドル車)ネジ部とナットが錆による腐食を起こしており緩める事ができない状態となります。

この部分はゴム製品であるアッパーマウントが経年劣化で交換する機会がありますが画像のようになると最悪ショックアブソーバーごと交換となります。高年式車では樹脂カバーが装着されており対策されておりますが…外してみますね…あまり意味がないようです…助手席側の画像2枚では雨水が流れにくいのか原型をとどめておりますので、この状態ならアッパーマウントのみの交換は可能です。

そもそもの構造に問題ありですが何か雨水対策は考えた方がよい場所です。(対策品のカバーは除外)

一覧に戻る

京都でお車の修理・整備・コーティング・鈑金塗装・車検を依頼するなら松原オートへ

お問い合わせ

〒615-0052 京都市右京区西院清水町11-1

営業時間:午前9時~午後6時 日・祝定休

075-311-5904

お問い合わせ