ポルシェ水冷水平対向エンジンについて

1997年に初めて発売された水冷水平対向エンジンを搭載するtype996は、初期タイプである前期型と、2002年移行に発売された後期型が存在します。ポルシェはエンジンにも特徴がある車として知られていますが、その中でも、水冷水平対向エンジンを搭載するモデルをご存知でしょうか?

ここではその水冷水平対向エンジンの違いや特徴についてご紹介していきますので、ご参照ください。

ポルシェ水冷水平対向エンジンについて

ポルシェの水冷水平対向エンジン

1997年に、ポルシェ初の水冷水平対向エンジンを搭載するtype996が発売されました。その後2002年にマイナーチェンジが行われるまでの6年間、前期型type996は生産されたのです。

この時代のポルシェのエンジンを「M96-01/02型」といいます。01型はRR、02型は4WDを意味し、駆動方法の違いによってエンジンの呼称を変えるのはポルシェの伝統であり、これ以降も継続されています。

前期型のエンジンの詳細は、以下の通りです。

  • 総排気量:3387cc
  • 最高出力:300ps/6800rpm
  • 最大トルク:35.7kg -m/4600rpm
  • ボア×ストローク:96mm×78mm
  • 圧縮比:11.3

M96-01/02型での注目ポイントは、この年代のポルシェではすでに採用されていたバリオカムがやっと組み込まれたことです。M96-01/02型は、空冷水平対向ゆえの独持なヘッドがその採用を遅らせていました。

一体成形のシリンダーヘッドとなりようやく採用に踏み切ったものの、やはり水平対向ゆえの独特なカムシャフト周りの機構が要求されたため、そこには創意工夫の跡が感じられます。ちなみに、Type993に搭載されていたM64-05型で組み込まれていたバリオラムがM96-01/02型に採用されたのは、初期型の後半からです。

そして、後期型のエンジンの詳細は以下の通りです。

  • 総排気量:3596cc
  • 最高出力:320ps/6800rpm
  • 最大トルク:37.6kg -m/4250rpm
  • ボア×ストローク:96mm×82.8mm
  • 圧縮比:11.3

注目すべき点は、バリオカムがバリオカムプラスに進化しているということです。バルブタイミングが連続可変であるのは同様ですが、カム機構の大幅な変更により、低速/高速の2種類のカムプロフィールをもつカムシャフトが組み込まれ、バルブリフト量が低速側:3.0mm、高速側:10mmとなったのです。

M96-01/02型の最大の注目ポイントは、左右バンクの部品共有化にあります。同じシリンダーヘッドが左右で使われているのです。さらに前期型初期タイプでは、その前後に配置されざるを得なくなったカムシャフトに組み込まれたバリオカムを成立させるための機構が「知恵の塊」のような傑作であるといえます。

また、一般的なDOHCのようにカムチェーンがIN/EX側の両方のスプロケットに噛み合っていません。現役の前期型初期タイプは、バリオカムを中心とした動弁機構にトラブルが発生する可能性が高いといえます。Type996carreraの前期型は200万円台前半の価格が相場ですが、特異なメカニズム故にその機能を維持していくのにはそれなりのコストがかかることを覚悟しておく必要があります。

そして、Type996前期型初期タイプにごく少量みられたインターミディエイトシャフトを支持しているボルトが破損し修理費用が異常に高くつくトラブルは、すでに対策部品に交換、またはエンジンを乗せ換えている場合が多いため、心配する必要はないと考えられます。

Type996carreraはとても軽いため、水冷911の中では最もドライビングファンです。水冷になったことで車両重量は増えたと思われるかもしれませんが、Type993carreraの車両重量が1370kgに対して、Type996の車両重量は1320kgと50kgも軽くなっています。後期型でも、1345kgです。

購入を検討している場合、様々な要素を考慮すると、2002年以降のモデルがベストといえます。一般的な可変バルブ機構を持っているため、メカトラブルに悩まされることが少ないためです。

  1. 笹本健次 PORSCHE 株式会社企画室ネコ 昭和60年3月10日発行
  2. 西ヶ谷周二 ドイツ車のデザイン 2011年1月28日発行
  3. 中西一雄 水冷ポルシェ・パーフェクトブック 2018年2月5日
会社名
株式会社 松原オート
ジョイカル京都西店
代表取締役 松原直輝
住所 〒615-0052 京都府京都市右京区西院清水町11−1
TEL 075-311-5904
FAX 075-311-5901
URL https://pinery-m.net/
営業時間 午前9時~午後6時
休日 日曜・祝日・夏季休暇・年末年始
所属

日本輸入車整備推進協会会員(JISPA)

三井住友海上アスクネット会員(Ask net)

日創研京都経営研究会 理事

京都でお車の修理・整備・コーティング・鈑金塗装・車検を依頼するなら松原オートへ

お問い合わせ

〒615-0052 京都市右京区西院清水町11-1

営業時間:午前9時~午後6時 日・祝定休

075-311-5904

お問い合わせ